STAFF

福島県から移住し福井県で頑張ってます!   平成23年末に東北の福島県から移住し福井県内では働いてます。
前々職ではソフト開発の仕事を就いていましたが、前職では品質保証部門に在籍しており、またソフト開発の仕事がしたいとは常々考えていました。
そんな中で東日本大震災が発生してしまい、震災後すぐに妻の故郷である福井に妻子は避難させました。
その後、私もいずれ移住する事を決め福井に時々来て転職活動を行なっており、そこで知り合った社長が親身に相談に乗ってくれ信頼関係が生まれました。技術者としてスキルアップ出来る将来性の高い会社だとも感じ入社を決めました。 今働いている職場では、電子機器のファームウェアや付随するPCアプリケーションなどの開発等、新しい分野に携わっています。
今まで業務アプリやWebシステムなどの開発経験しか無かった為、未経験の作業ばかりで苦労することも多々ありますが、スキルの幅の広がりを実感でき充実した日々を送っています。

ソフト開発において決められた物を作ることも大切ですが、一歩踏み出して新しいソリューションを提案、提供できる技術者を目指し、技術や知識を積み重ねていきたいと思います。

木村(2012年入社)

少人数≠デメリット 20歳で就職し、23歳で美タイプに転職しましたが、大企業にはないアットホームな感覚が美タイプの魅力です。   大企業では組織力を武器に誰が作業しても同じ成果が得られるように 徹底してマニュアル化、効率化を図りますが、一方で個人の能力評価、意見も希薄になり、ややもすれば人材を 「部品」として扱っている大企業も残念ながら存在します。
美タイプでは、個人の意見を尊重してくれるので、 職場環境や事業展開についても気軽に相談することができます。
  また、キャリアプランについても、大企業にありがちな、〜年目までは作業員、〜年目以降は管理職といった経営者側の都合のみで社員の役割を決めることがありませんので自分のキャリアプランにあった仕事ができます。
僕の場合は、技術を極めたスペシャリストになるよりは、チームをまとめてシステムを構築する方が好きなので、 業務システムの構築といったプロジェクトを中心に仕事をしています。
  また、自分以外の社員もそれぞれが自分の進みたい方向に向かっているので、Webシステム、Webデザインと いったEコマース、メーカ品の機械制御といった組み込み・制御系等、さまざまなスキルを持った人がいます。
  いつかそれぞれが磨いてきたキャリア、スキルを集結して、自分の子供に自慢できるようなりっぱな仕事ができたら素敵なことだと思っています。 ※注 嫁と子供はこれからです。

宮本(2005年入社)

広告掲載中の内容